ブラックでもアコムの審査に通ってお金を借りることができました

ブラックでもアコムの審査に通ってお金を借りることができました

私は以前キャッシングの返済を滞らせたことがあり、いわゆるブラックになった経験があります。
その頃はキャッシングの返済日になると、
別のキャッシングからお金を借り入れて返済する「自転車操業」の状態だったため、
キャッシングが利用できなくなってパニックになりました。

 

その時には親に事情を話して頭を下げて、親から借金をしてキャッシングの残額を返済したのです。
ブラックになってからは今までのお金の使い方を反省して、
もらった給料の範囲内でやりくりすることを心がけるようになりました。

 

キャッシングが利用できないのはやはり不便だと感じていましたが、
仕方がないと諦めていました。

 

 

ブラックになってからしばらくして、やはりブラックになった経験がある友人から、
「ブラックでもキャッシングの審査に通った!」という話を聞きました。

 

大手消費者金融のアコムに申し込んだところ、
審査に通過してキャッシングが利用できるようになったのだそうです。

 

友人は「アコムは独自の基準で審査を行っているため、
ブラックになった経験があっても審査に通過できる可能性がある」と話していました。

 

友人の話を聞いた私は半信半疑でしたが、
アコムのホームページを見てもブラックについては何も書かれていなかったので、
ダメで元々のつもりで申し込んでみました。

 

 

申し込みの手続きを完了すると、30分ほどで審査に通過したことがメールで通知され、
アコムのキャッシングカードが持てることになりました。

 

私はそれなりに有名な企業に勤めており、
またブラックになってから5年以上が経過していたことなどが、
審査の際に考慮されたのではないかと思います。

 

アコムのキャッシングカードはコンビニのATMでの利用に対応しており、
銀行のカードのようにお金を引き出して借りることができるので便利です。

 

 

私の利用限度額は10万円までに限られていますが、
ちょっとしたお金が必要な場合などには十分に役立ちます。

 

前回ブラックになった時の苦い経験を活かして、
今はキャッシングの利用は必要最小限にして、
借り入れを利用した際にはできるだけ早く返済してしまうことを心がけています。

ブラックでお金を借りると金利が高くなるどころか審査すら通過しない

キャッシングの返済ができなくなり、3か月ほど延滞したらブラックになってしまいました。
消費者金融からローンの利用枠を凍結したと告げられて、
さらに残債の一括請求を迫られてしまったのです。

 

 

債務は30万円とそれほど多くはありませんが、
失職を機に返済できなくなってしまったのです。

 

ただ債務整理をするほどの金額ではないので、
親に頼みこんでお金を借りて消費者金融に一括返済しました。

 

その当時は債務整理をしなければブラックにはならないと考えていたのですが、
3か月の延滞をしてもダメだそうです。

 

契約中の消費者金融のカードは使えなくなってしまいました。
仕事が見つかってからも再度申し込みをしたけど断られました。

 

 

そこで別の消費者金融なら借りられるかもしれないと考えて申し込みしたのです。
希望額を5万円にして審査を受けましたが、
ブラックの情報は金融機関同士で共有されているようですね。

 

ブラックになってから3社に申し込みし、
すべて断られてしまいました。そのうち1社は地元の小さな消費者金融で、
他社より金利は高くなるけど審査に通過しやすいことで有名でした。

 

しかしその会社でも無理だったので、
ブラックから抹消されるまでは借りられないのだと悟りましたね。

 

 

WEB検索をするとブラックでも大丈夫という会社が見受けられますが、
金利を見ると法外な利率が設定されています。

 

10日で10%という会社もあるので、これは完全に悪徳業者だと思いました。
最近はソフト闇金という業者が流行っているようですが、総じて金利は法定利率を超えていました。
貸金業登録もしていないので完全に悪徳業者ですね。

 

ブラックが抹消される時期は自分では判断できませんが、
長期延滞の出来事から6年ほど経ってから銀行キャッシングに申し込みしたところ、
今度は問題なく借りることができました。

 

銀行からも借りられるのですから、ブラックの影響は消えているのでしょう。
今後は延滞しないように無理のない借り入れを徹底します。

ブラックリストに掲載している人がお金を借入する方法と注意すべき点

消費者金融などでお金を借りる時に気を付けなくてはいけないのがブラックリストです。
ブラックリストとは、度重なる返済の遅延行為、
自己破産や任意整理などの債務整理をした人が、
信用情報に名前が掲載されることを言います。

 

信用情報に掲載されてしまうと、
最低5年、最長で10年間は新たに消費者金融で借入をしたり
ローンを組むことが難しくなるので注意が必要です。

 

 

私も過去にブラックリストに掲載されたことがあります。
私の場合、複数の消費者金融を利用して借りたお金で返済をする
自転車操業を繰り返して借金が雪だるま式に増えて債務整理をしたのが原因です。

 

選択した債務整理は自己破産だったので
弁護士からは最低でも10年間は借入やローンは無理ですと言われました。

 

その頃の私は、毎月訪れる返済日に追われる日々から逃れたいという思いしかなく、
その点について深く考えずに決めてしまいました。
この決断がその後の苦労を生むことになったのです。

 

 

自己破産によって数百万円の借金は0になり、
返済に追われる日々から解放されたことに心から喜びましたが、
新たに生活苦という問題が発生します。

 

私が借金を始めたのは、
勤めている会社が給料が安く生活に余裕が持てないことが理由でした。

 

いくら自己破産で借金の返済義務は無くなっても、
収入は変わらないので生活に困窮をする状況が改善されることはありません。

 

最初の数か月は友人や身内からお金を借りて凌いでいたのですが、
すぐにそれもダメになり困っていたある日、
ポストに消費者金融のDMが届きました。

 

中を確認するとブラックでも融資可能と書いてあります。
まさかそんな上手い話があるものかと半信半疑で足を運んでみると、
驚くほどすんなりと契約ができてお金を借りることができました。

 

 

需要の増加に伴って消費者金融の数も増えていて、
私が利用した所のようにブラックリストに載っている人でも
問題なく借入をさせてくれるところはあります。

 

ただし、こうした会社は闇金の可能性も高いので注意が必要です。
利用をする時は、ネットなどで会社の知名度や
実際に利用した人の口コミをチェックすることを忘れてはいけません。

 

また闇金によっては入ると契約をするまで帰してくれない悪質な所もあります。

 

建物の外観や部屋の大きさを確認して
不信に感じるようであれば中に入らずに帰るのが無難です。